顔痩せに興味があり、痩せられる秘訣をさらに学びたいと考えている方や、何を知れば良いのか困っている人にピッタリの知識を解説します。

小顔 顔痩せ

HOME

小顔のダイエットは人気のダイエット方法

小顔 顔痩せ

顔を引き締めたくてダイエットをしているけれど、体重が減っても期待していたような小顔になれないという人は多いようです。
ダイエットで小顔になるには、一体どうすればいいでしょう。
悩んでいる人に是非していただきたいのが、小顔ダイエットです。
一般的なダイエットのように食事量を減らさなくても、小顔ダイエットに取り組むことができます。
小顔になるためのマッサージやトレーニングをすることで、表情筋を使うといいようです。
表情筋の筋力の減退のほか、むくみや脂肪が顔を大きくしてしまっているようです。
顔がむくむのは、リンパ液や水分などが滞り、顔から出ていかずに留まっている場合です。
脂肪がつくのは、体全体の脂肪量と関係しています。
表情が滅多に変わらない人、笑いじわなどを気にして笑顔を我慢している人は、表情筋を使う機会が少ないために筋力が低下し顔のゆるみを発生させます。
顔太りの原因もいくつかあります。
小顔ダイエットをする前には、自分がどのタイプなのかをよく見極めてからダイエットを実践することが大切です。
実際に確認することで、どんな理由で顔が大きいかはわかります。
もしもむくみがあるならば、朝、起きた時にまぶたや顔が腫れぼったいようです。
顔がぱつんぱつんの人や、えらがごりごりしている人は、顔に脂肪が多くなっていると考えられます。
表情筋が弱っている場合、頬の皮が垂れ気味がったり、ほうれい線がはっきりと見えていることが少なくないといいます。
小顔ダイエットをする場合、どんな方法が自分と相性がいいかを考えましょう。

小顔ダイエットとフェイスマッサージ

小顔 顔痩せ

どうして顔が大きくなったかを知り、適切な対策を取ることが小顔ダイエットの成功の秘訣です。
顔のむくみが気になる人や脂肪太りの人におすすめのフェイスマッサージを紹介します。
リンパ液や水分の滞りを解消し、顔の代謝を促進することが、むくみを解消し、脂肪を燃焼させて小顔にするいい方法になるようです。
1回のマッサージを3分から5分で済ませ、それを毎日行うことが重要になります。
顔のリンパマッサージを行う時には、マッサージオイルやクリームを指につけて皮膚との摩擦をよくし、顔の皮膚に負担をかけすぎないことがポイントです。
耳の前から下側に向けて、そっとマッサージをしていきましょう。
耳の前から首筋にかけてリンパ腺があり、リンパ液を流したい部分になっています。
フェイスマッサージでは、顔の真ん中から外に向かって刺激してから、口の両端から耳の上にかけてマッサージをするといいでしょう。
フェイスマッサージをする時は、小顔ダイエットを意識して、自分の顔が小さくなったところをイメージするといいでしょう。
おとがいから耳まで、りんかくに沿ってマッサージをしましょう。
顎の下から耳までをマッサージすることは、顔に皮下脂肪がついて大きく見えるようになった人の脂肪代謝を活発にします。
早く小顔になりたいからとマッサージを時間をかけて行っても、皮膚にダメージがいくだけです。
小顔ダイエットを目的としたマッサージでは、マッサージ時間を長くせずに、優しく手短にマッサージを済ませます。

小顔ダイエットと表情筋トレーニングについて

ダイエットで小顔になりたいという場合、顔の筋トレをするのが顔面の筋肉が衰えている時の対策になります。
ダイエットと言うとジョギングやウォーキングなどを取り入れて筋肉のトレーニングをする場合がほとんどです。
小顔を目指すのであれば、顔面の筋肉のトレーニングをして鍛え、顔の筋肉を強化することが重要になってきます。
日ごろ意識することは少ないですが、顔には筋肉があります。
全身の筋肉と同じように、顔の筋肉伸び縮みすることで笑顔や泣き顔などをつくります。
ただし、普段は8割が未使用です。
筋肉があっても使わずにいれば、その筋肉は低下し、硬くなります。
結果的に、筋肉で押さえているはずの脂肪が押さえきれなくなり、垂れてしまいます。
表情筋を動かし、筋力をこけることによって筋肉で皮膚を維持し、たるみが減って小顔に見えます。
表情筋のトレーニングは、入浴後などの体が温まった状態のときに、効果があるのでおすすめです。
首の運動をした後、ゆっくりと首を左右、上下に動かします。
目的は小顔になることなのに、首がどう関与しているか疑問たという方もいますが、首と顔はつながっており、首を使うと血流や筋肉の状態が顔にも関わっています。
首の動きは頭の動きにも関連するものなので、頭を回すことによって首の運動ができ、小顔効果を高めることができます。
はっきりとした発音と口の動きを意識しなが、あ、い、う、え、おと言ってみることも効果的です。
あいうえおの口の運動を2、3度行ったら、仕上げに再度首の運動をしましょう。
毎日継続することで、徐々に小顔ダイエット効果が現れてきます。

小顔ダイエットとは

ダイエットして小顔になるためにはどうしたらいいのだろうと思い悩んでいる人も、結構多いのではないでしょうか。
体のほうはダイエットをすれば痩せることができますが、お肉がついた顔をすっきるさせるのはなかなか難しいといいます。
小顔のためのダイエット方法は、小顔になりたい人にはぴったりだといいます。
毎日の食事内容というよりも、ダイエットという名前はついていますが表情筋のトレーニングや毎日のマッサージをすることで小顔にしていくのが小顔ダイエットの特徴だといいます。
むくみ、脂肪太り、筋肉のゆるむが原因だといわれているのが、顔太りの特徴です。
むくみの要因としてあげられるのが、水分の排出がうまくいかなかったり、リンパの流れがしっかりしていなかったりすることです。
脂肪が身体全体につくことで、顔にも脂肪がついてしまうこともあります。
筋肉の緩みというのは、顔の表情が乏しい人やしわを気にして笑わないようにしていたりすると起こります。
顔の全体の筋肉が下がってくるのは、表情筋の力が弱まるからです。
いろいろと顔太りの原因はあるようなので、ダイエットをする場合には、自分の顔太りの原因がどれなのかよく検討することが重要ではないでしょうか。
原因の見極めるにはいくつかチェック項目があります。
顔がパンパンになっている、顔全体が朝に腫れぼったく感じる、エラのあたりがゴリゴリと固いなどでしょうか。
ひどいほほのたるみや、くっきりとしたほうれい線なども見極めのサインとなるでしょう。
小顔ダイエットを行う場合には、脂肪太りや筋肉の緩み、むくみといったさまざまな要因を見極めるようにすれば、顔太りの解消につながるでしょう。

小顔ダイエットとフェイスマッサージ

小顔ダイエットで大切な事は原因を見極め、原因にあったダイエット方法を実践する事です。
おすすめなのがフェイスマッサージで、特にむくみと脂肪太りが原因の人に良いといいます。
リンパのつまりを除去して水分や老廃物を外に出しやすくするのが、むくみと脂肪太りが原因の場合に最も効果的な小顔ダイエットです。
だいたい1回につきかかる時間は3分から5分で、マッサージは欠かさず毎日行うことが重要です。
ポイントはマッサージクリームやオイルを使って、擦らずリンパにそってやさしくマッサージをすることで、顔の皮膚はとても弱いのでそこは要注意です。
顔から老廃物が排出される部分というのは、耳の前部から首筋に下りていく部分です。
耳から下方へ向かってマッサージをやさしくしてあげることが大事だといえるでしょう。
顔のマッサージは、中心から外側へ、口の横から耳の上の部分に向かって、やさしくマッサージすると小顔効果が期待できます。
小顔ダイエットに成功して小顔になった自分を想像しながらフェイスマッサージをするのが、より効果的なのでおすすめだといいます。
さらに顎から耳の方向へもマッサージを丁寧に行いましょう。
とくに脂肪太りの人はしっかり行うことで血流が改善し脂肪も燃焼しやすくなるので、ダイエットにも効果的です。
肌に負荷がかかりやすいので、小顔ダイエットは1度にたくさん行うことはできません。
大切な小顔ダイエットのポイントは、1回にかける時間は短く、肌に負担がかからないようにやさしくマッサージを行うことです。

小顔ダイエットと表情筋トレーニング

小顔ダイエットは、顔太りの原因が筋肉の緩みの場合に表情筋トレーニングをすることで解消するダイエット方法です。
筋肉を鍛えるためにジョギングやウォーキングなどの運動をすることでダイエットをしている方も多いのではないでしょうか。
小顔になりたい人は同様に鍛えなければならないのは、表情筋を言われている顔の筋肉です。
筋肉は顔にもあるものですが、不思議に思った人もいるでしょう。
なんとほとんど使われていない筋肉がたくさんあり、8割は使われていないといいます。
頬がたれてくるのは、動かさないでいると顔の筋肉はどんどんかたくなって、頬の部分の支えなければならない重みを支えることができなくなることが原因です。
衰えた表情筋を鍛えなおす小顔ダイエットが、表情筋の運動のためには最も効果があるそうです。
表情筋のトレーニングは、入浴後など体が温まった状態の時にするとより効果的です。
運動の最初は首からです。
左右上下に動かす運動をゆっくりと行いましょう。
首と顔は実はつながっているので、小顔ダイエットと首にはかなり関係があるといえるでしょう。
首を暇なときに意識していつも回すのもかなり良い訓練になるでしょう。
頭回しを首回しのあとは行いましょう。
首部分から口の下方が動いたような感覚があるでしょう。
発声のときのポイントはわざと大きな口を開くことですので、口をめいいっぱい開けてアイウエオと発声しましょう。
最後に首の運動を再度行い小顔ダイエット運動は終了です。
きちんと毎日続けることが小顔ダイエットにとって不可欠なことなので、がんばってやってみてください。

むくみ解消による小顔ダイエット

顔のダイエットをキュッと締まった小顔に憧れてする人は多いようです。
大きく顔が見えてしまう理由がむくみである場合には、むくみを取り除くことですぐに顔ダイエットができるでしょう。
寝起きすぐに自分の顔をみてむくみに驚くこともあるのではないでしょうか。
血液やリンパ液の循環が悪化したり、水分がうまく外にでなくなっている状況によって病気以外の場合のむくみが起こります。
マッサージが有効なのが、むくみ顔のダイエットです。
マッサージを自分で行うと皮膚を余計に引っ張ってしまってしわやたるみができてしまうという心配もあるかもしれません。
よほどやり過ぎなければ大丈夫です。
気になる人は、後頭部をマッサージするといいでしょう。
小顔ダイエットのために後頭部をマッサージして代謝をアップさせるのは、頭皮を顔がつながっていることからかなり有効だといえます。
冷蔵庫などで冷たくしたタオルと電子レンジで温めた蒸しタオルを準備しましょう。
むくみ解消をするために、タオルを交互にあてて血行を良くしてからマッサージをすると良いのではないでしょうか。
むくみ取りパックというものもドラッグストアなどに売られているので試してみるのも良いでしょう。
小顔ダイエットには、半身浴やサウナ、ウォーキングなどの代謝をアップする方法も効果があるといいます。
顔がむくまないように、顔のダイエットをするには代謝を良くするような生活習慣を心がけると良いでしょう。

皮下脂肪を減らして小顔ダイエット

顔が大きく見える理由は幾つかあり、小顔ダイエットをする時にはまず理由を確認することが重要です。
何が原因で顔が大きく見えるかによって、どんな方法を取ったら良いか決定します。
脂肪を燃やさなければキュッとしまった小顔には、体全体が肥満で顔にも脂肪が蓄積して丸く見えている場合にはなることができません。
話すときや表情を変えるときに動かす表情筋というものが、顔にはあります。
顔の脂肪を取り除くためには、表情筋の運動をするだけでは不十分です。
食事で柔らかいものばかり摂っている現代の人たちの咀嚼は、回数が減少しているといいます。
使わないでいると筋肉が減ってきて、脂肪がたまってしまっても使う機会がなくなってしまいます。
顔の脂肪を燃焼させ顔のダイエットを成功させるには、顔の筋肉を使うエクササイズがおすすめです。
脂肪の燃焼を促進するために、顔のマッサージで代謝を促すのも良いダイエット方法です。
体全体のダイエットが顔のダイエットにつながるのは、全身に脂肪がついている場合顔にも脂肪がついているからです。
全身の運動や食生活の見直しなど普通にダイエットをすることで、顔のダイエットにも有効なのです。
体重が減少するだけではなく、だんだんと顔や顎のラインがスリムになります。
顔ダイエットは続けることで効果が明確に分かるものなので、時間はかかりますが頑張って続けるのがおすすめです。

骨格改善による小顔ダイエット

顔ダイエットをしたいと、顔が大きくで悩んでいる人や小顔に憧れているという人は少なくありません。
どんな理由で顔が大きく見えるかはいろいろありますが、顔が持って生まれた骨格によって大きく見えている場合もあるようです。
この場合が顔のマッサージやエクササイズ、体全体のダイエットなどで小さくするのは難しいでしょう。
顎の骨が前に出ていて顎がしゃくれたように見える場合もありますし、もともとの頭蓋骨が大きいと顔はどうしても大きく見えてしまいます。
反対にあまり顎の骨が大きくない場合には、顔が小さくみえるといるのではないでしょうか。
どんなダイエット方法をすれば、骨格が要因で顔が大きくみえることを改善できるのでしょうか。
残念ながら、骨格が原因の場合、顔のダイエットは困難です。
ダイエット以外の方法としては、エステの小顔矯正で骨格を小さくするというものがあります。
とはいえ金銭的にも体にもエステは体に負担がかかってしまうのも事実です。
髪型やメイクを駆使して小顔に見せるという方法もあるので、顔のダイエットで顔を実際に小さくするよりも実践しやすいのではないでしょうか。
化粧や服装を変化させれば、見た感じの印象は結構変わるものです。
本当にダイエットをするよりも、小顔に見せたいだけならすぐに効果があるので良い方法だといえるのではないでしょうか。

サイトメニュー